pre-communication

模擬会話

休職しました

前回の記事から1週間でこんなことを書くことになるとは思っていなかった。

仕事、休職することになりました。 医師の診断としては適応障害。 ただ、仕事に対するやる気が出ないだけで他に関しては以前より全然悪くなってないので、休めることになってラッキーという気持ちが強い。

あと調べたら休職中も結構お金もらえるんですね。 直近の月収の2/3が毎月傷病手当としてもらえて、しかも休職後退職してもしばらくは同じ額がもらえる。 僕の場合、税金を引いても大学生のときの仕送り並の額は手元に入るみたいで、ほとんど貯金に手を付けなくて良さそう。

今の会社は最初から、なんなら入る前から相性が良くないと思っていた。 根本的に社内にやりたい仕事がなかったし、人との相性もあまり良いとは思えなかった。 経営方針に全く満足していなかったし、それなのに少し子供扱いされていてそこに対して口が出せないような気がしていた。

なので最初からうつ病が治ったらすぐに辞めようと思って働いていたのだが、 なかなかうつ病は治らず、気付いたら我慢の限界に達していたようだ。

後になってから思えば、もうちょっとうまくやることはできたかなと感じる。

嫌な仕事は断ったほうが良かった。当たり前のことだけどこれができていなかった。 社内にやりたい仕事がないと言いつつも、まぁほんの少しくらいはそうでない仕事もあった。 それを専任に近い形でやらせてくださいと言えば、実はそういうふうに働かせてもらえたんじゃないだろうか。

なんで断れなかったかっていうのを昨日考えていた。3点ぐらい。

まず僕が一直線に昇給していくことにこだわりすぎていた。 2年半働いたから2回の昇給機会があったのだが、そのどちらでもまぁ日本の大企業じゃありえないような昇給をさせてもらっていた。

それでもあまり満足していなかった。 今のペースか、それ以上のペースで昇給するには会社にとって都合の良い振る舞いをしないといけないと 考えていて、それがあらゆる仕事をやるという態度につながっていた。

僕は大学の同級生と同じくらい価値のある人間とみなされることに固執していた。 大学の同級生は流石IT系のトップの大学院を出ているだけあって、初任給からものすごい額をもらっていて、 早くその額に自分も到達しないといけないという思いが自分の中でずっとあった。 よくよく考えてみると、同級生全員がそんな額をもらっているわけではなく、 むしろ既に僕よりも給与が低い人もかなりいたと思うんだけど、視界が狭くなっていた。

第二に、役員に仕事が嫌だと言っても聴いてもらえないと思っていた。 最初に言ったとおり僕は最初から会社に不満があったから、会社のことをあまり信用していなかった。 だから、会社に仕事が嫌だと言ったところで、ましな仕事が降ってくるわけではなく、 テキトーにあしらわれて、会社に反抗した分給与が下がるだけだろうと思っていた。

後から考えると実際はそうではなかったかもしれないなと思う。 僕が勝手に周りの人に解釈をつけて信用できないと思っていただけで、本当はもっと信用しても良かったのかもしれない。

信用していなかった上司は、僕から見ると「言ってることと思っていることが絶対違う」人だった。 その上司はほとんど人に注意をしなかった。 明らかにその上司の言うとおりに動いていない人に対しても、あなたのやっていることは違うと言わずに、 「これお願いしまーす」とか、わざとらしくポジティブな言い方で仕事を振ったり、あるいは何も口出ししなかったりだった。 他にも端々に「本音と建前」みたいな空気を感じて、それが僕は信用できなかった。

だけど、そういう上司の態度への解釈はあくまで僕の解釈であって、本当はその上司なりの思いやりの出し方だったのかもしれない。 あらゆる人が僕の想定通りの思いやり方をするわけではないのだ。 その人なりの思いやりの出し方として上記のような態度があったのならば、僕は結構勘違いをしていた可能性がある。

第三に、会社の能力的な面を信用していなかったというのがある。 会社の経営方針はダメダメだと思っていたので、僕が想定外の態度を取ったら会社はうまく利益を出せないだろうと思っていた。 会社の経営はカツカツで、自分が自由に仕事をする余裕なんて会社にないと思っていたのだ。

だけどこれも、僕が勝手に一人で経営目線を抱え込みすぎただけだったのかもしれない。 売上目標を達成するとか利益を上げるというのは経営者が考えればいいことで、僕みたいな従業員は 自分が何をしたいかとか何ができるかというのを伝えていれば十分だと考えることもできた。 実際役員の人との面談では「仕事が楽しいか」とかそういう点をよく聞かれた。

それに経営がカツカツと言っても、実際のところ会社は安定して利益を出せていたのだ。 もしかしたら僕が想定していた会社の成長目標よりも経営者の目標が低かった可能性なんかもあるのだ。 ここでも僕は自分の思い込みで突っ走っていた可能性がある。

とまぁ思い返せば、僕は一人で深刻な状況だと思いこんで失敗していた可能性がある。 だけど、まぁ休職が決まったのだから今考えても後の祭りである。

休職が決まって、僕は経歴的にも、能力的にも穴のある人間だということがはっきりしたな、と思った。 いや、そもそも大学院中退してるんだから元から穴はあいてたけど、 今までは、そういう穴が自分に存在することを認めようとしていなかった気がする。

たしかに大学院中退したけど、あれは研究室が最悪だったからで、 僕自身の能力は院卒と比べて劣らないと思っていた。 だけど、今回の休職は、後から考えてみればだけど、僕に一般的な能力があれば 回避できたことで、いよいよ能力的にも自分に欠陥があることが明らかになった。 そんな思いが今はしている。

言い換えると、僕はストレートに出世していけるような万能な人間じゃなかったのだ。 次の転職では普通に一流企業に合流して、そこから先は順調なキャリアを築く。 そう思っていたけど、ちょっと違うのかなと思った。

僕はできないこと、嫌なことがたくさんあって、それらをうまく避けていかないと調子を崩してしまうタイプだった。 しかもそのできないこと嫌なことは世間の普通の人とは結構違うみたいだ。 となると、「普通の人」がたくさん所属する会社で、そういう人に最適化された社風の中で 活躍するっていうのは難しいのかもしれない。

尖った人、というか「穴が空いた」人と言ったほうが適切に感じる。 そういう人に合った進路に方向転換していく必要があるなぁと思った。

そういうことを無意識にも意識的にも考えながら見つけた以下の記事が、なんか今後の僕の人生を 指し示しているように感じた。

toyokeizai.net

私としては、不登校から大学進学、そして就職と、「復帰コース」を走っていたはずなのに、またドロップアウトしてしまったことにひどく絶望しました。

しかし、その会社を退職したあとに、今働いているベンチャー企業に就職したのですが、そこには「こんな大人っていたんだ」とびっくりするくらい、社会の常識や枠組みにとらわれていない人が多かったんです。

こういう「社会の常識や枠組みにとらわれていない人」と一緒に働くのが自分にはいいのかもしれない。

この人の Twitter アカウントを見たけど、プロフィールに平然と昔ひきこもったと書かれていて、 こんなふうに心を病んだことをおおっぴらにしていいものなんだ、と驚いた。 なんというか、そういう体験をアイデンティティとして受け入れているように感じた。

よく考えれば僕はもう5年半もうつ病を患っているのだし、そういうふうに受け入れたほうが妥当だ。 ITエンジニアとしてコードを書いている時間は7年しかない。 1.5年しか差がない。 ついでに言えばその1.5年のうち0.7年ぐらいは忙しすぎてノイローゼになっていた。

じゃあ僕だって、プロフィールにうつ病と書くぐらいして、自分は穴の空いた人間です宣言をして、 同じようにベゴベゴした人間の輪に入っていったほうが自然なんじゃないだろうか。 そっちのほうが楽しい生活を送れるんじゃないだろうか。

しばらくはゆっくり休むけど、落ち着いたらじっくり考えれたらいいなと思う。

今は時間に余白ができたのが気持ち良い。 久しぶりにのびのびと考えをめぐらせることができていると感じる。 昼に食べた自分で作った豚汁がしみじみと美味しかった。 しばらくは人生のずる休みだ。やったぜ。