pre-communication

模擬会話

クラウドサービス (IaaS) とOSSの関係

あらゆるミドルウェアクラウド事業者から提供されることでミドルウェアソースコードクラウド事業者しか見なくてよくなり、OSSの文化は衰退していくのでは?となんとなく考えたのだが、調べてみるとそう簡単な話でもないみたいだ。

  • まずはその意見に近い2010年の記事

The intersection of open source and cloud computing - CNET

インフラをクラウド事業者が完全に面倒を見てくれることにより、インフラのソースコードに貢献したりするのはクラウド事業者だけでよくなり、すると最終的にはクラウド事業者は OSS を fork したり放置したりするようになるのでは?という未来予測。

  • なぜクラウド事業者も OSS にこだわるのかを書いた 2012年の記事

Cloud versus open source - Cloud computing news

世の中の開発者はベンダーロックインを避けたいだろうから、特定のクラウドサービスに乗っかるとしてもその仕様が他のサービスとそんなに食い違わないことを期待するだろう。 仕様は当然使いやすいことが期待され、ソフトウェアの仕様を洗練させる良い方法はそれを OSS にして広く使ってもらうことだという趣旨。

  • 主要クラウド事業者の OSS へのアプローチを書いた2017年の記事

How Google Turned Open Source Into A Key Differentiator For Its Cloud Platform

そもそもクラウド事業はオープンソースである Linux とか Xen とか Docker とかのヘビーユーザーである。 特に AWSオープンソースで広く使われているソフトウェアの管理を自社でやってお金を取るというビジネスをほとんどの OSS で結構やっている。 Microsoft, AWS と違って Google は積極的に OSS プロジェクトを作っている。

追記するかも。