pre-communication

模擬会話

PaaS (Politics as a Service)

Dropbox saved almost $75M over two years by moving out of AWS についた Hacker News のコメントより

クラウドを使う理由を2つある。

  • インフラを自前で調達するよりクラウドに任せたほうが安いとき(小さい企業で起きる)
  • 高速にスケールしたいとき(幼い企業で起こる)

しかしこれ以外の理由でクラウドを利用している企業を何社か見た。 それらの企業ではクラウドは技術選択に伴う社内政治を省くために使われていた。 インフラ技術の選択肢を1つ消すごとに管理職が減り、コミュニケーションが少なくなり、問題が起こったときに外部に責任をなすりつけられる。

彼らは実質的には自分たちを「技術の会社」だと思っておらず、技術がビジネスの成功に重要なのに技術職になるべく少ない人員しかさこうとしないが、彼らのインフラに対する認識を「誤り」だと批判しようとは私は思わない。

(抄訳ここまで)

おそらくそのような技術選択は企業が意図的に行った意思決定ではないだろうが、クラウドを選択する理由として十分であるような気もする。

話を広げると、クラウドだけでなく言語やフレームワークの選定などの技術選択も社内政治を増やす要因になるだろう。 そのような状況において「より良い技術」を求めて積極的な技術選択を行うのは社内政治を嫌いとするエンジニアにとって本当に幸せな結末になるのかどうか。