pre-communication

模擬会話

表現方法と思考の窮屈さ

ブログをゆっくりと再開し始めたのだけど、思わぬメリットがあった。

ブログを再開したら前よりも伸び伸びと考えをめぐらせることができるようになったのだ。

今までは自分の思考が窮屈だなんてことは思ってもいなかったんだけど、 ブログを書く、というよりもブログを書くという選択肢がある状況で 考えをめぐらせてみると、今までなんて狭く考えていたんだろうと驚かずにいられなかった。 前よりも考えることに対して満足感を覚えることが多くなった。

 

というのも、「ブログに書こう」とするとある程度深くものを考えざるを得ないのだ。

まとまった文章を書くためには色々な準備が必要だ。 まずもってそれなりの長さを書くに足るだけ深く考えないといけない。 漠然とした考えでは文章にすることはできず、自分の考えをはっきりさせておく必要があるし、 考えの間にはしっかりとした関係性や構造がないと、書く文章もまとまりのないものになってしまう。

そういう文章を書くために必要なことをやっていると自然と考えも深まっていく。*1

 

ブログを初めて最近思いだしたのは、こういう深い思考は最近はやめていたけど昔はよくやっていたということだ。

昔というのは大学生、大学院生時代ということだが、この時期にはとにかく深くものを考えることが求められる時期だった。

難しい教科書や論文を読みこなさないといけないし、それを読んだ上で試験では論理的に完璧な数学的証明を書く必要があった。 短期間で複雑なソフトウェアを使いこなさないといけない課題もたくさん出た。 それらの課題では、巨大なソースコードやドキュメントを渡されることもあれば、 逆に全然情報がない中で推測してなんとか動作を理解する必要があることもあった。

一方で最近はそういう機会がなかった。

社会人になると大学生のときよりも難しい仕事が降ってくるのかと思いきや、そんなことはなかった。

(僕のいる会社がそう、というだけかもしれないが)基本的に降ってくる仕事は既にやり方が決まっていて、 その仕事をこなすために使うツールも自分が既に慣れ親しんでいることだし、 求められているのは複雑な概念を理解したりすることよりも、簡単な仕事をいかに効率よくこなすかということだった*2

 

ブログの代わりのSNSというと Twitter では自分の考えを書いたりするのだけど、このサービスは本当に思考の深さに関してはブログの真逆で、 そもそも140字でいいし、140字の中では考えの構造とかないし、フロー型のコンテンツだからしっかりした考えはむしろ避けられるしでほんとうに考えずに使えてしまう。 これでは投稿する際に深くものを考える必要などなく、更に言えば140字という枠に収まらないような思考はそもそも 頭の中で枝刈られていってしまう。

140字で自己表現ができると考えていたのが間違いで、思考が窮屈だなぁと感じていたのはまさに Twitter のせいだと思っている。

 

人によっては、そんなに深くものを考えたくない、140字でいいと思ったりもするだろうが、 僕の場合はなんだかんだ深い思考が好きなんだなと気付かされた。

学生時代の思考の深さは6年間もやった分だけあって自分の中に染み込んでいて、 その深さで考えることに落ち着きというか、やっぱこうあるべきだよな、みたいなふうに思ってしまう。 大学の専攻だって自分でわざわざ辛い所を選んだんだし、最初から自分はそういうのを好いている人間だったのだろう。

 

というわけで、ブログを書くというのは僕の中でそれなりに深く考える契機や機会として機能し始めたんだけど、 それに甘えることなく、今後は自分の深い思考の引き金になるような活動を増やしていきたいと思う。 それは大学時代に戻って教科書を読んだりすることかもしれないし、また別の新しい活動かもしれない。

ブログで相対的に思考が深まるのは僕にとって正しかったのだが、じゃあブログだけで十分かといえばそうは思わない。

ブログを書くために必要な深さというのもある程度限りがあるし、何よりブログという表現形態に自分の思考が縛られてしまうのが嫌だ。 Twitter がある程度思考を窮屈にさせていたのを考えると、ブログもまた思考をある程度窮屈にしているだろうから、表現する先はもっと色々あったほうがいいだろう。

 

どうして深く考えることにこだわるかといえば、それが自分の長所だと思うからだ*3

社会人になって思うのは深く考えることができない人が多いこと。 それは仕事をし始めて新しく知った人についてもそうだし、学生時代の友だちでも それだけしか考えてなかったのかと知って驚いてしまう人もたくさんいた。

他の人があまり持っていない能力なのだったらそれを伸ばしていけばその能力が必要になったときに 強い力になるだろう。 それにそういう能力が必要になる場面は必ずあると僕は思っている。

*1:追記:まるでブログに書こうと思わない限りは深く考えないというような主張になってしまったが、言いたかったのはそういうことではない。こみいった考えをした結果を書く場所としてブログという選択肢が用意されている状況では常に深い思考をすることに有意義感が増し、普段から深く考えることが多くなる。ということを言いたかった。

*2:もちろん大学生のときには必要なかった能力が求められたりはしてそこでは成長が必要だという思いもあるけど、 一部の能力は卒論やそれ以前の課題よりも遥かに低レベルでも仕事ができてしまうことには驚いた。

*3:もちろん長所と言っても相対的なもので、世の中には僕よりもはるかに深くものを考える人がいることも学生時代によく分かった。でも学術界と比べると産業界にはそういう人が少ないのではないかという気もしている。